こんばんは
情報を集めているうちに辿り着いた、
ある心理学者さんの日記。

読んでいると、「あ〜納得。」となる記事が多く、勉強になりました。

今の私は「ゼロリスクは受容しない」な感じです。
原発事故での被曝について、いくら根拠を示されて《安心》だと言われても、
「ゼロリスクなんて有り得ない」
「大切な人を少しでもリスクから遠ざけたい」
という心理。

まさにコレ。
激しくコレ。

日記によると、当たり前の心理らしいです。


他にも、
非被災地において震災による精神的ストレスにより
体調不良に陥る人が多い。とか。

確かに…
私も震災から1ヶ月は余震や大地震に対して物凄く不安で、かなり敏感になっていました。
また、被災地の方に何も出来ないという無力感。
小さい子供を抱えての避難生活、
「オムツが不足して、赤ちゃんのお尻がただれて血が出ている。」
「避難所に哺乳瓶が一本しかなく、数人の赤ちゃんで回し飲みしている。」
想像する事しか出来ないけど、お母さんの気持ち辛い気持ちはよく判るんです。
それだけも胸が痛くて。
そのせいか、4月・5月は心身共に疲労感がMAXで何もやる気が起きませんでした。
6月になり不安がイライラに変わって毎日カリカリしてる。
子供に八つ当たりしちゃうのも辛くて(´Д⊂ヽ

そして、唇にヘルペスが2つも出来ました。(何w
↑↑ストレスで身体の抵抗力が弱くなっているのかな??↑↑

この方の日記を読んだら、少し自分を客観的に見る事が出来て、
不安がいくらか解消されました。

***********

放射線や被曝の事を調べても、
数字や数式、耳慣れない言葉が多くてイマイチ頭に入って来なくて…
「結局どうゆう事?」って、余計不安になる事も多いんですよね。

これから夏に向けて、プールは安全か!?海水浴は!?砂浜は!?…みたいな。
(一般の方が線量計を使って近所の海岸の放射線量を測定した動画をアップしています。
それを見る限りでは0.11マイクロシーベルト/毎時くらい)

子供は大人よりも被曝による影響を大きく受けてしまうので、
いろいろ不安が尽きないのですが、

今の所、普段と変わらない生活をして大丈夫。
と自分で結論づけ生活しています。

でもやっぱり、
「ゼロリスクは受容しない」
(´・ω・`)
[PR]
by hys_tama | 2011-06-12 22:59
<< 半月 最近のお気に入り >>