初熱
深夜、王子の寝顔がやけに赤く火照っているのに気付きました。
身体を触ってみると、かなり熱く汗ばんでいます。
体温を測ると、38.5度・・・・初めての高熱です。

旦那と夜間救急病院へ連れて行く事にしました。
病院へ行く身支度をしている時、旦那に

「そういえば、今日俺が帰って抱いた時、身体が熱かったよ。」
「1日一緒に居て、どうしてお前が気付かないんだ?」

瞬間、涙が出そうでした。
確かに、朝からご飯を食べるのを嫌がったり、いつもより身体が温かく汗ばんでいました。
でも、ご飯はあまり食べなくてもフルーツ類はよく食べたし、機嫌も普段と変わらなかった。
この日は暖かくて室温が27度もあり、私もロンT1枚でも暑かったので、
陽気の所為だろう・・・としか思っていませんでした。

今考えると、朝から熱があったんだと思います。

熱がある王子を、区役所やスーパーに連れて出てしまった事、
お風呂に入れてしまった事、ぐずっても抱っこしてあげなかった事、
熱があるのに気付いてあげられなかった事、
今日の私の行動全て・・・・悔しく、情けない。

「どうしてお前が気付かないんだ?」

この一言が重い。
今更ながら、母親としての自覚が足りなかったと痛感しました。

最悪の事態になってから後悔しても何もならない。
初めて母親するんだから、これからも判らない事だってきっと沢山あると思う。
でも、今回みたいな後悔はもうしたくない。


「どうしてお前が気付かないんだ?」

まだ胸が痛い。多分、暫くはこの痛みは消えないんだと思う。
[PR]
by hys_tama | 2007-03-07 02:33 | 王子育児日記
<< いつもの SOPってシール・オンライン・... >>