盲腸で断乳してた時の話2

この日はうちの母が手伝いに来てくれていました。
病院で授乳しても良いと言われた事を伝えると、
母も薬を服用中の授乳が心配らしく、
「それでも心配だから、小児科に聞いてみて!!」っと言うので、
掛かりつけの小児科に電話で確認してみました。

そこでもやっぱり返って来る答えは同じなんですが。

助産師 :「100%大丈夫と言う事はないので、後はお母さんの考え次第ですよ。」
      「帝王切開で出産した方も、その日のうちに授乳しますしね」
      「それよりも、お母さんの方が乳腺炎になってしますと困るので、
       専門の助産院を紹介しますから、
       必要ならそこでおっぱいの事を聞いてみて下さい。」

確かに。
おっぱいの方が限界です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なので、紹介された助産院へ電話してみました。
取り合えず、事の顛末を説明すると、

助産師2:「盲腸の時に点滴を使うのは、腸管から吸収されにくい
       お薬を使うからなんですよ。なので、お子さんがおっぱいから
       お薬を摂取しても、お薬の成分はお子さんの
       腸管からも吸収されにくいので問題ないと思いますよ。」
       「1歳を過ぎているお子さんと言うのが前提ですけどね」
       「乳腺炎の方が心配なので、
       搾乳するか、お子さんにおっぱいあげて下さい。」


Σ(゚Д゚)納得!!!
意外なところで安心できる回答をもらえました。・゚・(ノ∀`)・゚・。
小児科に電話しても同じ事を言われるのは判っていたんですが、
実際に聞いてみた方が安心できますよね。背中を押してもらう・・・というか。
自己完結で実行すると後々まで不安になってしまう、小心者です。

それでも、王子自身の病気治療なら仕方無いけど、
それ以外では出来るだけ薬物は与えたくないと思っています。特に抗生物質は。
最近は、病院の方でも軽い風邪くらいでは簡単には抗生物質は処方しませんけど。
                      (↑小児科ね)


おっぱいが限界だったので、取り合えず搾乳器で搾乳してみる事に。
初めて搾乳器を使ったんですが、凄いですねー。

凄い出る( ゚Д゚)

片乳だけで備え付けの哺乳瓶(150cc)がいっぱいになっちゃいました。
胸の外側は柔らかさを取り戻しつつありましたが、それでもまだ半分以上ガチガチ。
搾乳器では全てを搾り出す事は難しいらしく、
乳首が痛くなってきたので、ここでやっと諦めて王子に吸わせることに。

人間て凄いですね。
搾乳器では完全に出し切れず、ガチガチに固まっていたおっぱいが
授乳した僅かの時間です~っと楽になりました。
すげぇ~~~~~。



そんな感じで、今でも王子はガンガンおっぱい飲みまくってます。
玉子の断乳3日で失敗談でした(´・ω・`)
[PR]
by hys_tama | 2007-10-09 15:37 | 王子育児日記
<< 種種種種種 盲腸だった時の断乳の話。 >>